株式会社ブロマ研究所

乳酸菌nanoECF(R)

乳酸菌nanoECF(R)
(当社独自素材 登録商標第5782029号)
殺菌乳酸菌への期待

殺菌乳酸菌への期待

乳酸菌nanoECF(R)は、ヒト由来Enterococcus faecalis(エンテロコッカス・フェカリス)の加熱乳酸菌素材。
フェカリス菌の加熱菌体は、安全性、および機能性について30年以上の研究の歴史があります。
乳酸菌nanoECF(R)は長年の研究成果をベースに、最先端のメカニズム研究、活性研究を踏まえた独自の製造方法によって製造されています。
栄養素と同じように腸管(主に小腸のパイエル板)から体内へ取り込まれ、免疫系を介して様々な機能性を発揮することが報告されています[1]。
免疫系を介した機能性では、腸内細菌叢(フローラ)改善[2][3]、便通改善[4]など、多くを確認しています。

[1] FEMS Immunol Med Microbiol 61, 94–102(2011)
[2] Microb. Ecol. Health Dis., 16(4), 188-194(2004)
[3] Jpn. Pharmacol. Ther., 44(12), 1821-1830(2016)
[4] Microb. Ecol. Health Dis., 17(2), 107-113(2005)
未病を目指す乳酸菌

未病を改善する乳酸菌

乳酸菌nanoECF(R)は、ヒトでの内臓脂肪の低減や抗炎症効果など、生活習慣病に対する機能性が報告されています。
40~50代でBMIが25以上の健常な男性10名に対する試験では、nanoECF(R)200mg/日、12週間毎日摂取によって内臓脂肪量が低下傾向を示し、腸内細菌叢にも変化がもたらされました。

J New Rem.& Clin., Vol.62 No.8, 1473-1487(2013)

優れた加工特性

あらかじめ殺菌されているため、様々な優位性があります。

製造時のユーザビリティ

殺菌体のためコンタミネーションの心配はありません。食品工場を選ばずお使いいただけます。

高い耐熱性

加熱などの加工を施しても活性は失われません。試験では160℃、30分以下の加熱で活性(当社規格)を確認しています。

菌体が小さい

Enterococcus faecalisは菌体サイズが小さいため生体利用に適しています。

1gあたり乳酸菌が5兆個以上(検鏡計数法)

少量で多くの乳酸菌を摂取することができ、高いコストパフォーマンスを発揮します。

乳酸菌のブロマ

乳酸菌について、機能性食品についてなど、お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-5298-375103-5298-3751

お問い合わせ